風邪をひかない身体を手に入れよう!

風邪はどのようなタイミングで引いてしまうのか、また引かないようにはするにはどうすればいいのか、当サイトが分かりやすく解説致します。

元気な家族

かかったら厄介な風邪とは

季節によって、かかったら厄介な風邪というものがあります。
冬ならインフルエンザが真っ先に頭に浮かんでくると思いますが、夏場では夏風邪が非常に厄介な風邪として知られています。
ではまず夏風邪とは一体どのような病気なのかを解説していきます。

まず第一に夏風邪の特徴として、高温多湿の環境を好むウイルスが活動的になり、こじらせて悪化してしまうと別の病気が併発する恐れがあります。
代表的なウイルスはエンテロウイルスやアデノウイルスなどで、これらが体内に侵入すると、発熱や下痢、腹痛やのどの痛みが起こる事があります。
中でものどの痛みが時として咽頭炎などを引き起こしてしまう場合もあり、食事を喉を通らなくなる事態に見舞われるケースも珍しくはありません。
そして厄介な風邪と言われる所以が、症状が長引きやすいという点です。
夏風邪が長引いて悪化してしまうと、体力が奪われてしまい夏バテになってしまう原因となり、数日間寝込んでしまうという事になってしまいます。

では、夏風邪に掛からないようにするためにはどうすればいいのかを簡単にご説明していきます。
まずは冬の風邪とは異なり、夏風邪は感染経路が経口感染で起こる場合がほとんどですので、外出先から帰宅した時などは必ず手洗いとうがいを心がけます。
さらに夏は暑さによって体力が奪われやすく、免疫力が低下してしまう原因にもなります。
それに加えて睡眠不足や不規則な食事が続いてしまった場合などは、夏風邪感染のもととなってしまいますので、健康的な生活を送る事は夏風邪予防に欠かせません。
それでも感染してしまった場合には、市販薬に頼る前に、症状が悪化する前に医師に相談することも必要です。