風邪をひかない身体を手に入れよう!

風邪はどのようなタイミングで引いてしまうのか、また引かないようにはするにはどうすればいいのか、当サイトが分かりやすく解説致します。

元気な家族

世界的に感染症が大流行するパンデミック現象を防止

ウイルスパンデミックとは感染症等の病気が世界的な規模で大流行することをいいます。世界的な規模で大流行する感染症として代表的な例として挙げられるのが新型インフルエンザです。2009年にはメキシコで世界的な規模で新型インフルエンザが大流行し、この時からパンデミックという言葉が広く認識されるようになりました。インフルエンザはくしゃみ等による飛沫感染や接触感染によって被害は拡大していきます。新型インフルエンザは通常のインフルエンザではなく誰も発症したことがない新型のウイルスが原因です。インフルエンザA、B型が変異して新型ウイルスとなりますので、世界的なパンデミックを引き起こす可能性があります。海外で感染した人が感染源となって新型インフルエンザウイルスが広がるケースもあり、人口が密集する東京等の首都圏では爆発的な流行が起こる可能性があります。これを考慮して東京都では感染症の拡大を防ぎ、パンデミックに対応した病院作りを推奨しています。対策を行っている病院では、病棟の空調を整える事で感染者がいる病室からウイルスが他のフロアに広がらないように工夫しています。東京都では感染症の患者を受け入れる為の病院や保健所にインフルエンザ薬を備蓄して流行に備えています。また、私達1人1人がインフルエンザ対策をする事でパンデミックを防止することにも繋がります。まず、外出後は手洗いを行い手に付いたウイルスを洗い流すようにします。携帯用のアルコール除菌商品も効果があります。人がい多く触れるような場所は特に除菌商品で拭き取るようにします。マスクの着用は飛沫感染を防止に繋がります。インフルエンザワクチン接種するのも対策方法の1つです。インフルエンザの流行が見られるようになった場合は、人混みを避けて外出を控える方が良いでしょう。インフルエンザの悪化を防止するには日頃から食生活や生活習慣に整えておくことも大切です。