風邪をひかない身体を手に入れよう!

風邪はどのようなタイミングで引いてしまうのか、また引かないようにはするにはどうすればいいのか、当サイトが分かりやすく解説致します。

元気な家族

医師や薬剤師が風邪薬を飲まない理由

医師や薬剤師は風邪薬を患者に勧めない、そもそも本人たちは風邪薬を飲まない。
そんな話を聞いたことはありませんか?
もちろん全ての医師がそうしているわけではありませんが、実は中には本当に風邪薬を飲まないという人もいるんです。
その理由を探ってみましょう。

まず、医師が風邪薬を飲まない理由として、「風邪は薬で治るものではなく、自然に治るもの」だからです。
人間の身体は風邪を引くと、その元凶となっているウイルスを倒すため抗体が働き、数日で快方へ向かうようになっているのです。
さらに、風邪はそのほとんどがウイルス感染であり、インフルエンザを除いて風に有効なお薬が存在しないといいます。
一般的に販売されている市販薬などは、風邪による諸症状を緩和するだけであって、風邪そのものには治療効果を示さないものですので、多少の風邪ならば薬を飲まないほうが治りが早い、という見解を示している医師が多くいます。
また、風邪などのウイルスにいいと思われている抗生物質も、免疫を抑えてしまう可能性があるため、余計に風邪が長引いてしまう恐れもあるのです。

このため、重症化していない風邪に関しては、自身の免疫力を高めて自然治癒するほうがよっぽどいいと、医師や薬剤師は考えているようです。
風邪を自然治癒するためには、しっかりと睡眠をとる事、身体をしっかりと温める、栄養を十分に摂るといった事が重要となります。
風邪を引いている期間中、これらの事を念頭に置いて生活する事で、お薬に頼ることなく治療する事が出来るかもしれません。