風邪をひかない身体を手に入れよう!

風邪はどのようなタイミングで引いてしまうのか、また引かないようにはするにはどうすればいいのか、当サイトが分かりやすく解説致します。

元気な家族

感染症時の食欲と面会制限解除について

注射器感染症にかかっていた人に食欲が出て来た場合であっても医師が許可するまでは面会制限解除をするべきではないです。勝手に医師以外の人間が食欲が出て来たからといって面会制限解除を行い、他者と接触させた場合、その患者と接触した人が感染症にかかり、社会や医療機関に悪影響をもたらすおそれがあります。
面会制限解除は食欲で判断するのではなく、血液検査等で感染症がおさまったと判断した時に行うようにします。
解除は慎重に行った方が良いです。完全に感染症が治っていない状況で行うと本人だけではなく、家族や友人等の心身にダメージをもたらす事になるからです。食欲の有無は面会制限解除を行うための一つの基準として活用するには問題ないです。しかし、それを重視し過ぎる事は危険です。それを行う医師は自分の判断、他のスタッフの意見、本人の様子を総合して解除するかどうか決めた方が安全です。
感染症の後期は体調も良くなり、最も状態が良くない時と比べると食欲もあるケースがほとんどです。しかし、それは完全に治っていないので他の人に感染させてしまう危険性が高いです。患者の表面的な姿だけをみて面会制限解除を決めるは良くないです。面会の制限は患者やその関係者にとってストレスのたまる事象です。しかし、安易に決めてしまった場合、後に多くの人々の心と体の健康に悪影響をもたらします。それを決める人は焦らず、じっくりと患者の様子を確認しながら決めた方が良いです。患者や関係者のニーズよりも医師の判断を最優先にすべきです。
食欲だけを判断材料に使うのは危険です。客観的に判断して問題ない場合に限り面会制限解除を実現すべきです。
中途半端な状況で行うと感染症で苦しむ人を増やす事になります。