風邪をひかない身体を手に入れよう!

風邪はどのようなタイミングで引いてしまうのか、また引かないようにはするにはどうすればいいのか、当サイトが分かりやすく解説致します。

元気な家族

風邪と花粉症を見分ける方法

花粉症をお持ちの方ならわかると思いますが、花粉シーズンとなるとくしゃみや鼻水が止まらなくなったり、のどにかゆみなどの不快感を覚えるという方も少なくはないでしょう。
しかしこれらの症状は、厄介なことに風邪を引いている時に起こる諸症状との見分けが難しいのです。
花粉が飛ぶ時期は風邪が流行りだす時期と同じなので、これらの症状をしっかりと見分けないと、花粉症だと思っていて実は風邪を引いていた場合、こじらせてしまうと大変です。

まず、風邪の特徴は引き始めこそ花粉症の症状と同じく、鼻づまりや鼻水などの症状が見られます。
数日後は黄色いねばりけのある鼻水に変わり、この症状は3日~1週間ほど継続して見られます。
しかし花粉症の場合は鼻水がいつまでも続き、くしゃみも継続して出続けてしまい、症状が重症化した時は目やのどにも痒みを感じだします。
また花粉症の場合は風邪の代名詞とも言える頭痛や発熱などは確認されないため、そういったところで風邪を花粉症を見分ける事もできます。

最後に花粉症の特徴をおさらいしておきましょう。
1.くしゃみが止まらない
2.目がかゆくなる
3.水っぽい鼻水、鼻づまりが続く
4.気管支にかゆみを覚える

これらに該当する場合は花粉症を疑うべきで、発熱や下痢などの症状があった場合は風邪と捕えていいでしょう。
しかしどうしても自身で症状を判断しかねる時は、やはり一度医師の診察を受けた方がよいかもしれません。