風邪をひかない身体を手に入れよう!

風邪はどのようなタイミングで引いてしまうのか、また引かないようにはするにはどうすればいいのか、当サイトが分かりやすく解説致します。

元気な家族

風邪の引き始めの寒気。原因とは?

「風邪は寒い時期に引くもの」という印象がありますが、
実は一年を通していつでも患う可能性の高い病気の一つです。
外気温の寒暖に関係なく、疲労で体力や免疫力が落ちているときは
風邪を引きやすくなります。

「もしかすると風邪を引いたかな」と風邪の引き始めに思うきっかけは、
寒気を感じることが多いのです。
その寒気とは、いったいどこからやってくるのでしょうか。その原因とは。

まず、体の中に風邪の菌が侵入してくると、体の中をパトロールしている免疫細胞が反応し
体に有害な侵入者を追い出そうと免疫物質(マクロファージ)が一気に攻撃を開始します。
今まで罹ったことのある病気であったり、本人の免疫力が普通の状態であれば、
この時点で免疫物質の働きにより収束するのですが、
疲労でその力が低い場合、敵(菌やウィルス)の勢力が衰えずどんどん増殖し始めます。
すると脳が発熱の指令を出すのです。このため発熱し、その前兆で寒気が始まる原因となるのです。

38.5℃以上の熱に細菌やウィルスは弱く、逆に免疫物質は活性化します。
寒気がすると服を増やしたり布団をかぶったりして体を温めようとし、
それが体温をぐんぐん上げ、免疫物質の活性化を促すことになります。
そのため、急に熱が上がったからといって解熱剤を安易に服用することには
注意深くならなければなりません。
もしすぐに解熱剤を服用してしまうと、敵はどんどん増殖してしまいます。
普段から熱の上がる原因と効果を良く理解しておきましょう。

まずは風邪などの菌やウィルスの侵入を防ぐためにも、
・適度な運動量
・バランスの良い食事
・十分な睡眠(質量ともに)
・ストレスフリー
な生活をなるべく続けることが、免疫力アップに繋がります。
引く前に跳ね返す、これが風邪を引かない秘訣です。